DVDコピー業者への依頼

DVDをコピーしたいとお考えの方、業者へ頼んでみましょう。すぐに仕上げてくれます。 - DVDコピーを業者に依頼する流れ

DVDコピーを業者に依頼する流れ

DVDコピーを依頼する方法を工夫すればスムーズになります。
依頼するコピー枚数が多い場合は自分で作業するのは大変です。
そんな場合に役立つのがDVDコピー業者です。
とりわけジャケットやラベルも印刷して綺麗に仕上げる場合はDVDコピー業者に任せたいですね。
今回は【DVDコピーを業者に依頼する流れ】についてお話をします。
mhjytjytd
DVDコピー業者に依頼すれば、あなたが希望するようにスピーディーにデーターをコピーしてくれます。
ですが、これまで利用経験がない人は、依頼から完成までの流れがわかりにくいかもしれません。
DVDコピー業者を利用する方法は簡単ですし、1度流れをつかめば大丈夫です。
利用することで困ることはなくなります。
1番目はDVDコピー業者を見つけてください。
そして料金を確認します。
枚数が多い場合は見積もりをとっておく方が無難です。
2番目に注文ですが、これは電話・メール・ホームページからオンライン依頼があります。
注文内容をしっかりチェックして料金の再確認をして正式依頼をしてください。
特に大量の依頼をする場合は慎重にしてください。
3番目はコピーして欲しい実物のデーターをDVDコピー業者に渡します。
入校方法で一般的なものは、郵送するか持参する方法です。
近くにDVDコピー業者がない場合は郵送がいいでしょう。
ファイルの容量が小さいならばメールに添付したりファイル転送サービスを使う方法もあります。
4番目は料金支払いです。
DVDコピー業者はデータの確認を行います。
byhrt
問題がなければ料金を支払いますが、DVDコピー業者によって先払い・後払いがあります。
5番目はDVDコピー業者のコピー作業です。
納期については枚数によっても大きく違います。
余裕を持っておくといいでしょう。
仕上がった後にDVDコピー業者から連絡が入ります。
商品を受け取れば完了になります。
DVDコピー業者は便利で役立つことが多いです。
近頃ではデータのみの入稿を受け付けているオンライン業者もあります。
ですが、一般的にはマスターディスクを提出しなければならないところが中心です。
マスターディスクとはデータが入ったディスクです。
マスターディスクをDVDコピー業者に郵送して複製を作ってもらうわけです。
今回は【DVDコピー業者にマスターディスクを提出する前にチェックすること】をまとめておきたいと思います。
マスターディスクをもとにコピーされますから、しっかりと確認して提出しましょう。
マスターディスクのデータが一部でも破損していると、複製するものも破損されてコピーされます。
コンテンツがウイルスに感染していれば複製のデータもウイルスがついてしまいます。
動画データの場合は複数の再生機で再生できるからどうかを確認しておきたいですね。
もちろんウイルスチェックは必須でしょう。

コピーガードがかかっていると画質が劣化してしまいます。
著作権を侵害するようなものはコピー自体が犯罪です。
ディスクに指紋が付いていて汚れていたり傷がついていたりすると正常なデータが複製されないケースもあります。
マスターディスクを利用する場合は低品質のものはさけましょう。
高品質のディスクを利用することも大切なポイントです。
以上が基本的なチェック項目です。
これ以外にもDVDコピー業者によってさまざまなチェック項目が用意されています。
大量にコピーしても、一部が再生できなければ無駄になります。
マスターディスクの作成は手を抜かないようにしておきたいですね。

更新情報

Copyright(C)2015DVDコピー業者への依頼All Rights Reserved.